忍者ブログ

風花雪花的日子

風花雪花的日子

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

の輝きを放つ

いつもの朝より少し早い道玄坂のカフェの店内は、人がまばらだった。渋谷までの東横線の車内もほんの少し体が楽だった美白療程 試做
 店内の静かに漂う弦楽器の優しい調べは、白い砂浜で日の出の光に青く揺れる、さざなみのように心地良かった。薄い緑、窓際の観葉植物も大きな葉をゆっくりと微笑ませている。
 入口脇のレジで朝食を買った美奈子は、奥の四人掛けの席に腰を下ろした。両手を上げ、大きく足の先まで伸びをした。美奈子が身に着けている黒いカーディガンの網目は、動きに合わせて一直線に並んだ。胸の辺りのピンクのバラの絵柄も大きく広がった。
 窓際に座っている真新しい黒いスーツを着たOLは、目を輝かせて赤い携帯電話でメールを読んでいる。まだ学生の香りが半分くらい残っているようにも見えた。美奈子は四年前の自分に姿を重ね、夢と希望で満ち溢れていた頃を懐かしんだ貓罐頭推薦
 中央の大きな円卓には、よれよれのスーツを着た数人のサラリーマンが腰を掛けている。皆、眠そうで、ぼうっとコーヒーを飲んでいる。所々から、タバコの煙が上がり、店内は朝靄に包まれるようだった。
そうした光景を眺めながら、美奈子は満員電車で縮んだ体をほぐす。そこはお気に入りの席だった。店内全体が見渡せ、気持ちも大海原のようになるからだ柏傲灣呎價
 美奈子はキャラメルラテを飲みながら、頬を大きく膨らませ、ナポレオンパイを味わった。ふわふわのクリームに包まった紅色の野いちごの甘酸っぱい香りが、口中一杯にぷわりと流れる。至福の一時が全身を駆け抜ける。美奈子の朝は毎日そうして始まった。
PR

黒猫だった

クーは4歳の時、5匹の子猫を産んだ。
皆、希望者にもらわれていったが、1匹だけ我が家に残したのが、まりニャンである。

まりニャンは、我が家で生まれ我が家でreenex 膠原自生
育った、世界で唯一の猫。
気性が純良素直で明朗快活、心許せる相手にはとことん懐っこい。
甘え上手で、ほんとうに可愛い。
クーの血を引き、クーの面影を表情に宿す、
私にとっては、かけがえのない宝物のような猫である。

母猫との同居が長かったせいか、いつまでも子猫っぽさが残っていたが、
昨日10歳の誕生日を迎え、風格が着いてきた。

7歳の春、母猫が彼岸へ旅立った。
まりニャンは、それまで一歩も外へ出た冷氣機邊個牌子好ことのない室内猫だったのに、その日以降、毎日外へ出たがるようになった。
家に戻ると、おしゃべりするように盛んに鳴く。
それはまるで、「母猫を探しに行ったけど、今日も会えなかった」と
訴えているようだった。

今年の春、愛犬ハナも亡くなり、長男も家を出て、
我が家は、ガランと寂しくなった。
まりニャンが一身に、家族3人の癒しと和みの役目を、引き受け続けた。

まりニャンは、その役目を立派に果たした。
私は、まりニャンだけで充分だったが、
夫と娘がしきりに寂しがり、子猫を欲しがった。

9歳のうちなら、まりニャンも新入りを受け入れる望みがある。

それで、5月半ばのことだが、生後一ヶ月半のメスの子猫をもらってきた。

そしたらこれが、活発過ぎるほど元気一杯の黒猫だった。

まりニャンは、最初のひと月ほどは、
「フーッ! シャアーッ!」
と怒って寄せ付けなかったが、だんだ激光永久脫毛ん慣れてきた。

元々心優しい性格なので、少しずつ受容していったのだろう。

子猫は、首元にほんのり三日月模様があるので、『ルナ』と名付けた。
しかしもっぱら、「黒すけ」とか「ブラックデビル」とか呼ばれている。

まだ2ヶ月なので、手の掛かる時期がしばらく続く。
まりニャンには、苦労をかける。

これは合いませんでした

痒いの痒いの飛んでいけDr. Reborn好唔好~~~~

毛虫皮膚炎は、塩洗い、お湯かけ、保湿クリームで大分鎮火してきましたが、新しいところに掻い掻いがでてきています。

保湿クリームは昨夜は大好きなメンソレータムを塗りたかったのですが、見当たらず、馬油にしましたが、これは合いませんでした。
夜中は静かにお休みができましたがDr. Reborn好唔好、朝起きた途端に痒いし、赤みもおさまっておりません。

朝からシャワーで、コテコテの馬油を石けんで落として、今度は最初に塗って成功をおさめていたシアバターを塗りました。
私の場合は、このシアバターが良く効くみたいです名創優品miniso

さて、話は代わり、もう幾つ寝ると私の還暦がやってきます。

年金受給資格ゲットなのですが、個人情報流出事件がありましたね。
年金請求書とともに持参する書類や、持参する日時が予約制かどうか尋ねるのに電話してみました。
ついでに私の個人情報は流出したかどうかを聞いたら、流出していないということでしたが、ニュースの続報ではまだまだ漏れそうなこと言うてました。

年金請求書という書類が半年も前に届き、提出は誕生日の前日から可能なんだそうですが、なんであんなに早く送ってくるんでしょう?

添付書類に住民票と書いてあり、その住民票も誕生日の前日からでないとダメなんだそうです。
住民票の替わりに住民票コードでもOKで、こちらはいつのでもOKということでした。
そら番号は変わりませんもんね名創優品miniso

7年くらい前に送られていたそうなんですが、どこに片付けたか不明^^;
再発行は無料なので、私はコードにしました。

誕生日が待ち遠しいなんて、ココ数十年なかったことです。
なんとなくウキウキしています。

則光陰下慢品,壹盞茶味

壹座山,有雲懂得,不問相聚多久,感恩陪伴,便是最好蔡加讚的時光;壹頁詩心,春花開謝,秋色枯榮,在墨的相知裏,所有的情致,只需壹筆輕描,淡淡若素於水雲間,紅塵煙火,也可清風在手。光陰的使者,催促萬物的同時,卻也讓生命懂得了活在當下的珍惜。人生,盡管如流,煙火冉冉,暖涼其實壹直都是自給自盈。若心以素,若惜之尋常,則光陰下慢品,壹盞茶味,簡能安心。

嫻靜的日子,盡管喧囂左右,獨喜壹人,壹筆,將青蔥歲月,灑入滿紙蔡加讚清氣裏,可纏纏綿綿中秋心濺落壹地,也可行雲流水下淡然素錦。壹人,壹景,壹墨,清冷中帶壹絲孤寂,卻又享受著這般清寧。文字,有時候不能代表壹個人的完全思想,某時卻是壹個人的心情。筆墨丹青伴久了,喜歡深入人心的文字,更喜歡壹草壹木的自然,樸實,簡約,隨性,那些矯揉造作也就被真實取代。身心,從內至外,卻也越來越修成壹份傲骨,不喜浮華下隨意遷就討好誰。於是,日子煮成白開水,壹個淡字,便明朗開闊,更得於心。

煙雨凡塵,壹直以少年老成自居。那池塘邊的蓮,謝了多時,偶爾有清風蔡加讚拂面而來,伴隨桂花的香息,壹些碎碎的念,淡開在風輕雲淡裏,居無定所。小心思,隨了那佛禪裏的壹縷輕音樂,靜謐而幽。都說,素年錦時,花兒般的絢爛,總是瘋狂的,而我,似乎依舊喜歡居於清寧裏,安守自己的小日子,獨醒。素淡,也就成了生活的主角,感覺沒什麽不好。每個人的選擇生活方式不同,任何的壹種方式,不若素心壹縷,淡淡持久。閑來看壹場落花,枕壹簾天青色,人生的頁腳又多壹段領悟,如此便好。

江南的好處,就在於四季仿佛如春的感覺,讓紙上流年,總能增加壹筆清歡。人心,若能在知足裏,自給自盈,何時不是清風明月壹筆康泰

人與自然和諧

城市化的建設大潮早已把兒時的村莊壹切淹沒得幾乎難覓蹤跡,唯獨村的東頭那兩棵幾百年古老大榕樹,依然靜靜屹立在那兒,堅守著村莊最後壹道風景。歲月滄桑,每當我望著這古老的大樹,典藏在我心中兒時村莊的情景,依稀如昨大阪自由行

兒時村莊古樸,坐落在龍山東南邊,大約三十來幢房屋,二百戶左右人家的小村莊,幾乎同姓,村民團結和睦,親如壹家。村莊四周是壹片寬曠如棋盤般的田野,壹條綠粼粼清澈的小河,壹彎壹曲穿過村中,尤如飄蕩著碧綠綢帶。

兩岸並排著黛瓦粉墻的民居,頗有晚清江南水鄉風格的建築,東密西疏,錯落有致,三座石板橋連接著兩岸。村的東頭依河南、北各壹棵古老的參天大樹,遮天蔽日,郁郁蔥蔥,象村莊的保護神,莊嚴神聖地守衛在那兒,村莊的西邊,壹條主要通道石頭小路,象村莊壹條臍帶,委迤伸往他鄉。

“湖塘隔岸碧相鮮,田舍寒炊晚頓煙”,祖輩們,日出而作,日入而息,壹年復壹年,生息在這兒。

春日清晨,若在山上晀望,紅日冉冉,綠野生機盎然,大樹屹巍,小河彎彎,吹煙裊裊,便驚詫於她清幽、美麗、和諧,如詩如畫的風韻儲值咭上網

炎炎的夏日,村裏的小河是我們兒時避暑玩耍的樂園。碧綠透澈,明亮如鏡的河水,倒映著萋萋的水草,水中的小魚遊來遊去,依稀可見。陽光灼灼,我們便壹頭紮在水中遊泳、嬉水、打水仗,捉魚,捉河蟹,摸螺螄,給兒時帶來無比的樂趣。

既可驅散酷熱,又頗有收獲。最難忘的是那墨綠色如翡翠般的螺螄,每次從岸邊水中的石縫裏掏出壹把把翠燦光澤螺螄,晚餐上便多了壹盤香噴噴紅燒美味的五香螺螄。那時村裏還流傳著:“挑螺螄過酒,強盜趕來不肯走”,至今回想起來還直咽口水。

夕陽西下,大樹下便是大家納涼的好地方。村東頭依河的二棵大榕樹,南、北各壹棵,南邊的相對比較小,北邊的很大,酋勁虬枝,盤繞蔓延,樹冠舒展,獨木成林,綠葉成蔭,象壹把遮天的“綠蔭傘”,微風習習,砂砂作響,並散發著陣陣淡淡的清香。

有些膽子大的小哥哥便熟練爬上了大樹,樹上長滿了樹籽,形如櫻桃,壹節小指頭那麽大,由綠變紅,熟了成紫色,均勻夾雜著紅斑,其味酸甜略帶澀,捧在手心壹聞,滿口生津。現在,兒時的朋友相聚時說起此事,依然陶醉在采擷樹籽吃的快樂情景之中植眉

天黑了,大家便圍著壹位老人聽講故事,老人總是和藹的,笑嘻嘻的,壹邊用芭蕉扇拍打著驅趕蚊子,壹邊繪聲繪色講,個個翹首托腮,聽的津津有味,如癡如呆。直到月上枝頭,才拖著倦意身影,依依不舍散去。

夏天,也常常刮起駭怕的臺風,黑壓壓的濃雲翻滾,象要壓垮整個世界,雷聲震怒,狂風呼嘯,暴雨傾盆,整個村莊處於風雨飄搖傾覆危機之中。而那二棵大樹,雖然高大招風,卻安然無事。壹切化險為夷,村莊總是壹路平安走來。

忙碌秋收過後,農閑下來,常常是某家大哥要娶媳婦的時候。婚日前壹天黃昏,當柔和的太陽親吻西面小山崗時,村莊西邊小路上便出現壹隊披紅掛彩,喜氣洋洋搬嫁妝的隊伍了,十幾個小夥子,笑容燦爛,擡著用大紅布裹著的衣櫃、箱子、木架,或挑著竹筐,沿著小石路緩緩過來。

這時小路旁和樓上窗口,早已擠滿了伸長鴨勃子似的觀望婦女們,眉飛色舞,興奮談論:“這家新娘被子多”,“自行車是鳳凰牌子的等”……婚慶人家,便會分給村裏每戶兩碗桂花湯圓,而每戶人家都會送十個雞蛋作為賀喜,壹家喜事,全村共慶,整個村莊彌漫著喜氣。

婚日淩晨,天還沒亮,用小蓬船通過村裏的小河,迎接來新娘,由兩位孩童右手打著燈籠,左手握“漿”、“旺”(壹種儀式用品,比喻興旺發達)引路,當新娘來到大門前,早已準備在那裏的兩堆柴火點燃,叫“燃火盤”,火苗熊熊,新娘從中間穿過,此時爆竹、鞭炮響徹雲霄,整個村莊籠罩在喜慶歡樂的氣氛之中。

下午婚晏過後,便開始搭臺請“唱詞先生”唱鼓詞(地方民間曲藝)的事了,天還未黑,婚慶家大門前紅燈高照,尤如白晝。男女老少,已陸陸續續趕到他家,濟濟壹堂,等待先生開唱。正堂屋檐下,兩張八仙桌並攏的臺上放著太師椅,上面端坐壹位戴著墨鏡唱詞先生,只見他右手拿著棒兒,擊打扁鼓,“咚!咚!咚!刀!”……全場壹下子安靜了下來,目光也都聚集在他身上,緊接著敲打七弦牛筋琴,“噔…噔…噔!”輕盈悅耳,同時,左手腕掛著三粒板擺動打著節拍,忽然把手壹按,頭壹擡便唱開:“花有清香月有陰,小弟翰林求故人……”婉轉清越。

正聽入神時,新郎出來給大家分喜煙、分喜糖了。每位大男人兩支牡丹牌香煙,稱“壹對”,男人們很自然笑咪咪接了過來,壹只煙夾在耳朵上,壹只用右母指和食指夾著,在左手大母指指甲上頓了頓後,點燃,悠然自得,壹臉愜意。孩子們勇躍搶著糖果,歡聲笑語,熱鬧非凡,整個婚慶達到了高潮。

冬日,也是最清閑的時候,“農務各自歸,閑暇輒相思”。婦人們便在門前檐下自在地曬著太陽,壹邊目光凝聚在指間熟練地織著毛衣,壹邊微笑著拉家長。男人們在道坦上編織繩子、草毽(放床下保暖),有的孩子幫大人遞稻草,有的孩子在玩耍,做各種遊戲,其樂融融,鄉情濃濃。

到了十二月,家家戶戶已經辦起年貨,屋檐下陸陸續續掛滿了密密麻麻醬油肉、醬油雞、醬油鴨、鰻鯗。孩子早已期盼過年,而搗年糕(又叫水蒸糕)則直接進入了準備過年熱鬧的氣氛之中。“年糕年糕年年高”,挨家挨戶搗年糕過年。用糯米摻秈米,用水浸泡壹天後磨成粉,放蒸籠裏蒸熟,倒入石桕中,用石錘慢慢搗韌,然後放在木板上再用手揉,做成壹條條,如白玉般,晶瑩剔透。

這種方法制作的年糕柔軟入味,不象現在用機器快速擠出的堅韌無味。手藝好的大人還做元寶、鯉魚、兔子,兔子的眼睛用紅杞子壹粘,栩栩如生。有的放在不同花紋印版裏,壓成魁星、狀元、財神爺。最是回味的是用鹹菜、豆腐幹、竹筍、肉絲炒成餡包的大鉸子,我總是吃了好幾個。每家都做了很多年糕,涼幹後浸沒在水裏保存,能吃上幾個月,也是兒時主要的零食。

現在,天天象過年,優越的物質生活已不可同日而語,我慶幸經歷了時代巨大發展。城市化,信息化,數字化……,兒時村莊早已成為歷史,然而極度追求物欲勞頓,人情淡漠,回想起兒時村莊的生活,恍如夢遊“世外桃源”。時間悠貌,惟獨村頭那大樹依然不變,默默記載各個時代變遷的年輪,也常常勾起我對兒時村莊人與人、人與自然和諧,淳樸,情意郁濃的生活。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/24)
(01/31)
(01/31)
(02/01)
(04/20)